たかはま元気 de ねっと 文字サイズ 中 大 大大
問い合せ
トップページ 新着情報 今月の予定 健康自生地 団体活動 ボランティア情報
新着情報 このページでは、高浜市内で行われるイベントの情報やお知らせを見ることができます。


社交ダンス友の会(健康自生地101)

2021/12/08[No.301]  
   高取ふれあいプラザで行われている社交ダンス友の会に見学に行ってきました。社交ダンスは音楽に合わせ全身運動をするため、効率よく有酸素運動を行うことができます。また、踊る動作はタイミング・リズム・距離感など様々なことを同時に注意する必要があるため、脳の活性化にもつながり、認知症予防に効果的な運動とされています。
 社交ダンスを習っている皆さんに話を聞いたところ、「姿勢が良くなりました」「腰や関節、体幹の力が必要なので、筋力や体力アップにもつながります」「オシャレを意識するようになりました」という声が聞けました。正しい姿勢で運動することは、実は想像以上に全身を使い、自分の姿勢や体を見直すきっかけにもなるということでした。
 講師の先生と生徒の皆さんが言うには、社交ダンスは何歳からでもスタートでき、体が柔らかくなくても、リズム感に自信がなくても、レッスンを重ねていけば自然と踊れるようになるそうです。興味がある人はぜひ、活動に参加してみてください

● 社交ダンス友の会(101)
場所  高取ふれあいプラザ(向山町1-214-4)
日時  毎週火曜日 10:00〜12:00
参加費 1回500円
問合せ 090-4160-1334(草場)

● 社交ダンス(58)
場所  吉浜公民館(屋敷町5-12-8)
日時  毎週金曜日※第5週を除く 19:30〜20:30
参加費 初回500円 以降1回100円
問合せ 090-4160-1334(草場)

【投稿者】  高浜市福祉部健康推進グループ
 




健康自生地の担い手さんがラダーゲッターの大会で優勝しました!

2021/12/01[No.300]  
  11月14日に犬山市体育館にて開催された、「愛知県ラダーゲッター尾張地区大会」において、ラダーゲッター(健康自生地No.109)の担い手である大嶽二三さんが出場し、見事優勝しました。結果報告のため、高浜市長へ表敬訪問を行い、次に控える「愛知県ラダーゲッター選手権大会」への意気込みを語りました。表敬訪問へは、川口秋季男さんと井上光弘さんも同席。このお二人は11月27日にたかぴあで開催された「第7回たかはまボッチャ競技大会」に青木クラブとして参加し、見事1位に輝きました。青木クラブでは、ラダーゲッターやボッチャなど、誰もが気軽に楽しめるゲームを高浜市内に普及すべく、精力的に活動しています。

●ラダーゲッター(109)
パターン@
場 所 青木町会館(青木町4-7-19)
日 時 第1・第3水曜日 13:30〜16:00
パターンA
場 所 高浜市エコハウス(沢渡町4-6-2)
日 時 第4土曜日    13:00〜16:00
参加費 無料
問合せ 090-9820-1836(大嶽)

●愛知県ラダーゲッター選手権大会
場 所 愛知県体育館 第2競技場
日 時 12月12日 予選10:00〜 決勝14:00〜
参加費 1チーム1,000円
詳 細 http://rec-aichi.sakura.ne.jp/
【投稿者】  高浜市福祉部健康推進グループ
 




初代三州瓦音頭を踊る会(健康自生地No.97)

2021/11/16[No.297]  
   南部第2ふれあいプラザで練習をしている、初代三州瓦音頭を踊る会さんに参加してきました。「初代三州瓦音頭」「ねんど節」をはじめ、「港町十三番地」「やさしさに包まれて」など歌謡曲を取り入れた盆踊りを楽しんでいました。
今踊られている三州瓦音頭は昭和55年にレコードになった音源が使われていますが、実はそれ以前の65年以上前に作られた「初代」があります。歌詞も振り付けも少し異なっているため、作曲した故・三陽公一さんの娘さんをはじめ有志が集まり、「初代三州瓦を踊る会」が発足しました。
 初代は、瓦づくりを表した歌詞で荷台を押し出す動作、天秤棒で瓦をかつぐようすなどを取り入れた振り付けになっています。姿勢を正し、一つ一つの所作を美しくしなやかにみせる、皆さん足の運びや指の先、目線など気をつけながら練習をしていました。「子供から大人まで、誰もが楽しめるのが盆踊りです。踊りの所作やストレッチをすることで、体感が鍛えられ、美しい姿勢になれます。また若い世代の方には、所作や礼儀作法などを伝えていきたいです。」と日本舞踊の師範でもある三陽仁美先生はお話していました。興味のある方は、ぜひ体験してみてください。


●初代三州瓦音頭
場所  南部第2ふれあいプラザ(碧海町3-5-4)
日時  第2・4日曜日 13:30〜15:30
    ※12月は、5日・19日
参加費 体験、見学は無料 入会すると年会費1,000円
連絡先 090-9298-0892(三陽)※要予約


【投稿者】  高浜市福祉部健康推進グループ
 




銀子・銀一郎憩の場 健康自生地No.91

2021/11/11[No.296]  
  今年も、焼き芋の季節がやってきました。11月〜4月(予定)の毎週水曜日10:00よりシルバー人材センターの駐車場で販売される石焼き芋は、地域の住民やシルバー人材の会員からも大人気。取材当日は、「待っていたよ。」とお客さんが声をかけてくれる場面もみられました。
 専用の石焼き芋の機械で1時間半から2時間かけてじっくり焼くお芋は、遠赤外線で焼くことにより中までふっくらホクホクに。年明け頃のお芋は、寝かせた事によりさらに密がでてしっとりねっとり甘い焼き芋になります。毎年焼き芋を担当しているというシルバー会員さんは、「特殊な石で焼く焼き芋は、格段に美味しくなるよ。販売当時からずっと1本200円という値段は変えていません。毎年楽しみに買いに来てくれる人がいるから嬉しいね。」と笑顔で話してくれました。

●銀子・銀一郎憩の場
場所  シルバー人材センター(湯山町6-2-6)
日時  毎週水曜日 10:00〜15:00
焼き芋は売り切れ次第終了
連絡先 52-5081

【投稿者】  高浜市福祉部健康推進グループ
 




市誌を読む会(No.60

2021/11/02[No.295]  
 Download:File_295.pdf
  File_295.pdf
昨年まで、『まるごと宝箱』で登録されていた健康自生地が、『市誌を読む会』と名前を変えて活動が始まります!

新しい高浜市誌『高浜市のあゆみ』がいよいよ刊行!
高浜市の歴史や文化のお話を聞いてみませんか?

令和3年 11月21日(日)
会場  高浜市やきものの里かわら美術館
    3階 講会議室
時間  13:30〜15:30(13:00開場)
定員  40名(要予約/先着順)
※コロナウイルスの状況により、定員の変更や開催を見合わせる場合がございます。

 平成28年度から令和2年度まで実施した市誌編さん事業により、新たな高浜市誌『高浜市のあゆみ』が刊行しました。この事業を通して、高浜市がこれまで歩んできた様々な「コト」や、高浜市で生まれた「モノ」についての歴史が掘りおこされました。
 この「市誌を読む会」では、主に本の執筆に携わった方々から『高浜市のあゆみ』の内容に沿って、市の歴史や文化についてお話をしていただきます。もしかしたら、本文では掲載されなかった、新たな事実も知る事ができるかもしれません!

申込み方法
11月1日(月)から
電話、メール、FAXもしくは高浜市文化スポーツグループ窓口へ直接
高浜市文化スポーツグループ
高浜市春日町5-165 いきいき広場3階
TEL:0566-52-1111(内線330) FAX:0566-52-8188
E-mail:bunka@city.takahama.lg.jp

【投稿者】  高浜市福祉部健康推進グループ
 



添付ファイルがダウンロードできない場合、[File DownLoad]ボタン上でマウスを右クリック。
『対象をファイルに保存』から貴パソコン内に保存してください。(Internet Explorer の場合)
戻る PAGE TOP
入口 | トップページ | 新着情報 | 今月の予定 | 健康自生地 | 団体活動 | ボランティア | 問い合せ
たかはま元気 de ねっと
高浜市役所 福祉部 健康推進グループ
〒444-1334  愛知県高浜市春日町五丁目165番地  高浜市いきいき広場内  TEL:0566-52-9873

たかはま元気 de ねっと−高浜市・生涯現役のまちづくり事業−生涯現役のまちづくりを目指し、高浜市内の行事や施設・団体を紹介。